たまにかたり

ハロープロジェクトやフェアリーズなどアイドルのこと、その他得ることができた役立つ情報お届けします。

目指せマルチリンガル!!二か国語三か国語学習者必見!!おすすめの外国語勉強法をご紹介!!


普段から中国語と英語を使って生活しています。といっても海外に住んでいるわけでは無く日本に住んだ状態で仕事として外国語を使っています。というとよく聞かれるのが「どうやって勉強したんですか??」って聞かれます。
なのでこの場を使って外国語の勉強法を語りたいと思います。
基本は英語のみを学んでいた頃と変わりませんがやはり二か国語三か国語勉強するときの独特なやり方というのがあるのでそちらを紹介していきたいと思います。
ベースの勉強というよりプラスアルファの勉強だと思っていてください。

教科書を開く前にやること

言葉の雰囲気を感じ取ろう!!

参考書を開く前にその言語のドラマや映画を観てその言語の雰囲気を感じとりましょう。
「さぁやろう!!」と思ったところでなにも知らずに教科書を開いても仕方ありません。
アイドルやドラマなどに憧れて言葉を勉強していればもうその段階で言葉の雰囲気はわかるのですが、仕事で勉強しなければならない場合、言葉の雰囲気もわからず何となくリスニングCDを聴いたりもしています。ですがやはりネイティブの雰囲気を単語が一個もわからなくても感じ取ってみるのです。それだけでもだいぶ違います。いちばん良いのはその国の言葉の映画やドラマを観ることです。やはり暮らしの雰囲気そしてもしかしたら単語のひとつやふたつ覚えられるかもしれません!!
映画やドラマなどの映像をおすすめします。
例えばこれとか。完全に私の好みですが。

Icarly: The Complete 4th Season [DVD] [Import]

お手本になるひとをつくろう!!

この「つくる」ってなんだか彼氏を「つくる」みたいですね。
というのはおいといて、自分のお手本になるような人を見つけてみてください。韓国語を勉強するならKPOPアイドルを手本にしてみるのはいかがですか?お手本というよりも憧れでも良いともいます。「自分はこの人みたいになるんだ!!」という目標があれば勉強もうんと楽しくなるはずです。
憧れの人を作りその人の真似をする。それだけでも勉強に対するモチベーションが上がりますし、シャドーイングという練習をするときもかなり良い影響を受けるかと思います。
好きになるのがいちばんの近道ですから!!!


【6つのポイントで「英語が話せない」は解決できる!】


教科書を開いてからやること

教科書や参考書などは各皆さんの好きなものをや学校指定のものがあると思いますのでそこはとくになにもありません。
ですが教科書や単語帳をただ使うだけではどうしても足りない部分があります。ひとつの言語だけ勉強するぶんにはどうにかなるかもしれませんがやはり複数の言葉となるとそれなりの量ありますしどちらかだけが上手くなる。といったような偏りも出てきます。「地球温暖化のはなしが英語ではできたのに中国語だとできない。」といった事態になるかもしれません。ここでは教科書を開いて勉強する言語たちの生体が分かった段階でのプラスアルファの学習方法について書こうと思います。

数か国語対応手作り単語ノートをつくろう!!

一冊のノートを用意してください。それを使って手作り単語帳を作りましょう。といってもただの単語帳じゃないですよ!!
一冊のノートに数か国語盛り込んじゃいます。
例えばあなたが英語と中国語を勉強しているとしましょう。「こんにちは」という英語を覚えた。でも中国語の「こんにちは」に出会うのはいつかわかりません。なのでどちらかの単語を学んだらもうひとつの言語ではなんというのか、その時かその日のうちに調べちゃいましょう。
それをあえて一冊のノートの同じページに書きます。

こうすることで単語の覚え忘れや偏りを未然に防ぐことができます。

同じ内容の翻訳を複数読んでみよう!!

同じ内容でも違う言語で翻訳されている文章ってたくさんありますよね。NHKワールドニュースハリー・ポッターなど世界的有名小説がそれに当たります。これは「元になった文章が全く同じもの」ですが言語によって若干ニュアンスや表現の方法が異なっていたりします。ですが名詞や固有名詞は表現の差が無いに等しいのでそれこそ対応する単語として単語ノートにメモすることができます!!
もし外国語が基の文章というのが難しい場合、ドラえもんなどの日本の漫画でもいいですよ!ちびまる子ちゃんは「小丸子(シャオワンズ)」として中国や台湾でとても有名です。もちろん翻訳版も出ています!

f:id:harukadct:20180625000711j:plain

そしてそこで理解が深まったらつぎは「同じ内容を扱っているけれどもとの文が異なる」文章を見比べてみてください。
これはニュースに多いのですがその国の考え方や国民性を知ることができます。スポーツの試合の実況が自分の国を味方にしつつ試合全体について話すときは日本国内のチーム同士でも視点が変われば内容も変わりますから!!スポーツでも他の世界的ニュースでも大丈夫です。教科書を開く前の雰囲気確認ではできなかったその国の考え方や文化的背景を感じられますよ!!

おわりに

言葉は文化であり文化は言葉である。と言ったらちょっと難しいかもしれませんが、日本の文化だって日本語があってこそのものなんです。それに言葉や単語の誕生には文化が密接に関係しています。浴衣が海外でも そのままYUKATAなのは浴衣という文化が無いから。
ここでは複数の言語を学習する方に向けて書いていますがひとつの言語でも、日本語でも勉強するときはその国に対する理解が大切です。
そして習得単語熟語を偏らせるといつのまにかもうひとつの習慣単語が少ない言語に苦手意識が向いてしまいます。

やり方は皆さんそれぞれ自分のやり方があるかと思うので本当に参考程度に受け取ってください。もしこのやり方があなたの勉強メニューに加わればこれ以上嬉しいことはありません。

とにかく言葉の文化とバランスを大切にすればあなたもマルチリンガルまであと一歩です!!
勉強は永遠に終わりません!!一緒に頑張りましょう!!


たった6つのポイントで「英語が話せない」は解決できる!

どうしたら日本人が英語を話せるようになるかを、

研究して、ついに日本人が英語を話せるようになるための、

メソッドが出来上がりました!!

そのメソッドには6つのポイントがあります。

これをすべて読み終えたとき、

あなたはどうしたら英語が話せるようになるかを、

完璧に理解することができる。

そうお約束します。

あれから10年。北京オリンピックの口パク少女林妙可は今なにしてる??

北京オリンピックを覚えている方はたくさんいらっしゃるかと思います。が、あの子を覚えていますでしょうか。
口パクで話題になった中国人子役の林妙可(リン・ミョウカ)です。彼女のことご存じですか??

林妙可とは???


彼女の名前は林妙可読み方はリンミョウカです。
1999年7月1日生まれの元子役で幼い頃から様々なドラマや映画、CMに出演し人気子役となっていました。そのなかには日系企業も含まれておりトヨタ自動車や松下電気のCMにも出演していました。
ご両親に愛され国民に愛されすくすくと育った彼女にあのオリンピックの仕事が舞い込みます。

林妙可北京オリンピック口パク事件

2008年8月8日に開催された北京オリンピックの開会式で「歌唱祖国」という曲を披露します。その愛くるしい笑顔から「微笑みの天使」と呼ばれまました。ですがこの開会式で実際に歌唱していたのは林妙可ではなく全く別の子杨沛宜(ヤンペイイ)という女の子でした。つまり事前に本人の声を録ってながすわけでもなく全く別の子の声に口を当てていたのです。

歌唱祖國

歌唱祖國

  • 楊沛宜
  • マンドポップ
  • ¥250


このオリンピックの後も普通のタレント子役としてたくさんの番組に出演しました。なかには林妙可本人に歌唱祖国をその場で生で披露させるという番組やお遊戯をさせてみる番組、林妙可の生歌で赤のドレスを着てあの時を再現させるという番組もありました。

ですが各方面からのバッシングがあまりにも強く私生活をばらされた事もあり一時は芸能界から距離をおきましたが歌のレッスンには欠かさず通っていたそうです。

最先端の学習方式【ロゼッタストーン・ラーニングセンター】

あれからどんなテレビに出ているの??

芸能界から距離をおいた。と書きましたが、なんやかんやテレビには出ていました。それにオリンピック以前と比べて圧倒的に歌の仕事が増えました。

そこでもレッスンの成果を発揮しており年々歌が上達しているのがわかります。
中国側も年末など大切な時期に大きな舞台で歌を披露する際は積極的に林妙可を起用しているように思えます。

そして2015年には「青春季」という中国とオーストラリアの10代の若者が互いの国にホームステイする。という趣旨の番組に中国の若者の一人として出演し、主題歌も担当しています。もちろん今回は本人が歌ってますよ!!


《青春季》第4期 We Are Young 20150814 两届奥运天使林妙可和妮基跨越时间国界首次会面丨CCTV


2016年には映画「勇士」にも出演しました。


今は何をしているの??

これ気になりますよね!!

林妙可は現在「南京芸術学院」というところで歌手を目指して歌と演劇、ミュージカルの勉強をしています。
とても努力家で夜まで勉強をしたり走り込みをしたり、もともとタレントだったというところに甘えず頑張っています!
そして歌もとても上手になっています。


[Song] 赶圩归来啊哩哩 (Come Back Soon, Lili) - ethnic song sung by Miaoke

こちら本人歌唱です。いわゆる音大生なので、声楽を勉強していることになります。

あれから10年、人の成長はすごいものです。それにオリンピックの活躍や子役としての実績に甘えずこつこつ努力を続ける姿勢とても素晴らしいと思います。いつか大人になったら中国の歌手としても活躍してほしいです!!

こちらが本人のSNSです!!みれる環境の方はぜひご覧ください!

「故郷」「帰省」「地元」が羨ましい転勤族のみなさまこんにちは。

お盆シーズンですね。この時期になると必ずあらわれるワードが「帰省ラッシュ」です。
もちろんこの時期に帰省する、地元に帰る方もいるのではと思っています。
ですが、なかにはいると思います。
故郷がない方。
これは故郷という言葉に対する考え方がそれぞれ違うのでなんとも言えません。こればっかりは広辞苑よりも気持ちを優先するべきですしね。
ただこの故郷がない人間が一番寂しくなる季節はちょうど今の時期だと思っています。
大学や仕事先でまわりの友達がする地元のはなし。それはまるで異文化交流です。
普通に一定の土地で暮らした人からみると自分の地元以外の土地の習慣は驚くもの。それがいたって普通のリアクションです。
ですが、転勤族という生き物は、場合によってはそのすべてを経験し理解しています。

例えば○○をやってはいけない。ことをあらわす言葉は関東では「ダメ」と言います。それをAさんの地元は「いかん」と言う。Bさんの地元は「あかん」と言う。では転勤族のCさんはと言うと、どちらも経験しどちらに対しても「だよね!!わかるー!!」なんて言ってしまう。
で、ふたりから「Cは地元どこなんだよ。なんで両方わかるんだよ!!」と突っ込まれる。
これ結構あるあるなんですよね。これが答えられないんですよ。なんでだろうね。

ただ答えられなくても良いんじゃないですか。
それに事情を話して、「大学(専門)の場所が地元!!」と言っても良いと思います。
私自身いちばん楽しかった仕事先が私の中のふるさとです。

そしてもうひとつ。
両親が生きている限り必ず実家がないといけない。という訳でもないんです。

時間がすべてでは無いと思います。その土地に長くいたからそこが地元だとかぶっちゃけどうでも良いです。
それよりも、自分の心の拠り所になる土地や友だちがいるのがいちばんなのかと思います。

終戦記念日。平和のリレーのバトンを預かって感じたこと。

 

今日は、終戦記念日ですね。

 


「記念日という言葉は嬉しいことに使う単語だ。」

 

 

という主張は一旦おいといて。

 

終戦記念日です。

 

 

年々、この日に対する意識が下がってきているなと思っています。

メディアがとか周りの声がではなく私自身が。

実は14年間戦争に興味関心を持っていて。主に東京大空襲や内地の生活に興味をもっています。

それはわたしが当時4~5才で同じ年齢の子達が戦争にどう巻き込まれたかを考えたら内地と空襲になったんです。

完全な同情タイプですね。でもここ最近はそういう興味もどっか行ってました。昔はお小遣いを頑張ってためていろんな博物館行きました。九段下の昭和館、好きだったなぁ。いまでもすきです。好きってちょっと変かな。

でも説明が分かりやすいんですよ。それに体験させてくれたり当時の映画ニュースの映像を見れるのでそこも好きです。

 

そうやって興味をもっていて年がら年中戦争のことを考えて。

例えるなら、アイドルにはまってズーーーーっとそのアイドルのことを考えて調べてるようなものかな。

 

 


きっかけはこの写真。

 

f:id:harukadct:20180815062837j:image

 

長崎原爆投下後に撮られた「焼き場に立つ少年」です。

転勤族だったのですが、当時は福岡県に住んでいたので長崎の原爆の平和教育があったんです。

 

そうやって気になることでも、まだまだ当時は幼稚園卒園したてか小学生くらい。

「空襲」も「原爆」も漢字が読めません。

軍歌もよくわかりません。

でも、興味はある。

そんな状態ですね。

 

なので何を思ったのか近所のおばあちゃんや親戚のおばあちゃんに聞きまくりました。

ただ当時はそんなに重い話題とは知らず....。

あぁ恥ずかしい。

アンパンマンとかそういう話と同じレベルでした恥ずかしい。

(しかもアンパンマンに興味無いまま大人になった)


ですが、その時に聞いた沢山の話は今でもわたしの心の中に残っています。


空襲のこと、機銃のこと、配給や衣料切符の事。

そして男性の出征のこと。

なかには恋人が出征した。(戦争に行くという事)という方もいらっしゃいました。

 


もう亡くなられた方ばかりです。

本当に失礼なクソガキだったのですが

「こんなに小さい子が興味持ってくれるのはちょっと変だけど笑 でも、ありがたい。伝えられる相手がいるのはありがたい。しっかり(次の世代に)伝えてね。」と言ってくださいました。

 


話してくださった方は当時わたしが興味を持っていた"10歳くらいの内地の女の子"だったからか、事の重みなんか知らずグングン聞いていきました。

 


前世なんて信じないけど

 


わたしはきっとあの戦争で亡くなったあの子の生まれ変わりなのかな??

 


なんてことも考えたりしました。

 


ほんとに、今考えてもびっくりするくらい惹きつけられていました。

ハロプロが大好きなんですけどそんな比じゃないくらい。

恋愛経験もありますけど恋愛とは比べ物にならないくらい。

 


ただもう21歳になって。

惹きつけられることは無くなりました。

 


成仏したのか、ただ飽きたのか。

 


なぜかは分かりませんが。

 


でも、前世か成仏できなかった当時の子供なのかとはわりと本気で思っています。

びっくりするくらい他の世代に興味無いんですもん!!あっても同情やもし自分ならとかそういうのではなく、他人事です。

 

 

 

長くなりましたが、こんな変わった人生だからこそ伝えられることは山のようにあります。

 


命のリレー、平和のリレー🕊

 


この平和のリレーのバトンが私のもとに来たということは私は生きている間にやることがたくさんあります。

 

 

 

それを沢山のひとに伝えられるようにこれからも頑張ります。

 


平和が続きますように。

 

 

この「たまにかたり」でも、戦争の事を少しずつ話して行こうと思います。

せっかくの半知識系サイトなのでそういうこともできたらいいなと思っています。

 

<!-- admax -->

<script src="//adm.shinobi.jp/o/f3d94ee48271c12e9f30945d0cb44d9b"></script>

<!-- admax -->